植物性プラセンタの効果

植物性プラセンタの効果

プラセンタの種類に植物性プラセンタが存在とは不思議さがあり、もし長年に渡りプラセンタ愛用者であれば少々驚きかもしれませんね!
まずプラセンタとは胎盤を意味する言葉ですから、植物性プラセンタとは生物学的にもおかしなことは確かです。
なぜ植物性プラセンタとしたのか、そこから探る必要がありそうですね!

 

まず植物性プラセンタ効果を調べると、動物性プラセンタと同様にアミノ酸やミネラルなどの栄養素が豊富という説明が目立ちます。
だから多くの女性がプラセンタに美容効果として求めるであろう美白作用や、保湿成分としての効果の高さを、どの商品をみても強調されています。
つまり植物性プラセンタ効果とは美容成分として、高い期待に応えられるであろうと考えられるのでしょうね。
しかしプラセンタの成分として特性となる成長因子が存在しないことは、どうしても植物性プラセンタについても無視することはできませんよ!
プラセンタは成長因子が存在することが最大の特徴となり、細胞の活性化という特異な作用を発揮してくれます。
この作用は高機能となることから、プラセンタ以外の成分では代用が利かないという特性になります。
だからプラセンタの美容効果として特徴的となる素肌のターンオーバーについて、植物性プラセンタ効果により明確に期待できないということを忘れてはいけません!
つまり動物性プラセンタが配合される化粧品のように、即効性としてスキンケア効果の高さが感触として伝わるのかは疑問になります。
そのことから植物性プラセンタ効果について、動物性プラセンタと同列として並べる考えに異論が多いという風潮があります。
ただ美容成分として植物性なら、あくまでも安全性の高さは約束されますよね。
もしプラセンタが胎盤から抽出された有効成分だとしても、原料に抵抗があるという考え方なら、むしろ植物性プラセンタの方が選びやすいかもしれませんね!

 

 

 

植物性プラセンタの機能性とは

 

まず植物性プラセンタの原料になるのは、植物の発芽に必要な栄養素が胚芽に蓄えられるので、その胎座という部分を利用されています。
だから植物性プラセンタとしては、これが植物の胎盤という理論になのでしょうね。
植物性プラセンタ効果としての効果は、この豊富な栄養素から期待できるというわけです!
さらに植物性プラセンタは細分化され大豆由来、ライ麦由来などの種類があります。
大豆由来のプラセンタとは大豆の胚芽に、植物性プラセンタ効果となる大豆イソフラボンが豊富に含まれるということが特徴になります。
この大豆イソフラボンとは、体内で女性ホルモンを活性化するといわれる成分に多く含まれるそうです。
その作用がプラセンタと近いとみられることからも、植物性プラセンタと名付けた模様です。
またライ麦由来のプラセンタなら、やはりライ麦の胚芽の胎座が原料に利用されることで、豊富な栄養素に恵まれることが植物性プラセンタ効果を期待できるという理論になります。
しかし残念ながら動物性のように成長因子が存在しないので、植物性プラセンタ効果としては健康作りまでの高機能を望むのは難しいと考えられます。
ただ素肌のケアに自然派を重視するタイプでアレルギーの心配があるという肌質なら、むしろ植物性プラセンタは最適かもしれませんよ。
安全性を確保してプラセンタを利用したい女性なら、美容成分として化粧品などを中心に展開されるので試してみてはいかがでしょうか?