海洋性プラセンタの効果

海洋性プラセンタの効果

もしプラセンタを美容ケアとして習慣にすれば、海洋性プラセンタといわれると意外性と共に、なんとなく違和感が強いかもしれませんね。
どうしてもプラセンタといえば、胎盤から抽出された有効成分のエキスという独特さがありますからね。
だから動物性プラセンタを選ぶにしても、どの動物の種類にするかとこだわることも考えられます。
しかし海洋性プラセンタとなれば疑問になるのは、まず海洋生物なら出産はせずに産卵をすることは常識ですからね!
そうなると当然ながら胎盤を保有しない生物であることを、きっと子供の頃から認識していたでしょう。
だけど海洋性プラセンタという種類まで登場するとは不思議な印象として伝わりますが、その海洋性プラセンタ効果について調べてみましょう。
まず海洋性プラセンタとは原料に使用されるのは、魚類の卵巣膜とされるものです。
分かりやすい例えだとイクラでなく、筋子に付着する薄皮を卵巣膜と呼ばれるそうです。
この卵巣膜には稚魚を育てる栄養素が豊富に含まれ、海洋性プラセンタ効果とは美肌作用を主に期待できるみたいですよ!
ただ海洋性プラセンタ効果は美肌作用があっても、やはり動物性プラセンタの特性となる成長因子が存在しないことを理解してください。
そうしないと動物性プラセンタが配合される化粧品のように使い始めて、すぐ高い効果が伝わる作用については疑問になります。
あくまでも海洋性プラセンタ効果として美肌作用を期待できたとしても、他の美容成分と同様に栄養素に恵まれるところまでの性質になりますから!
その部分の意識で使い分けするのが、海洋性プラセンタ効果の上手な活用法になると考えられます。

 

 

 

海洋性プラセンタの機能性とは

 

海洋性プラセンタの原料に選ばれることが多いのは、鮭の卵巣膜ということですが、やはり一般的には筋子として認識されますよね。
この鮭の卵巣膜の成分とはアミノ酸が豊富に含まれ、やはり動物性ならアミノ酸が豊富といわれる馬プラセンタよりも、さらに海洋性プラセンタの方が上回るとされるほど!
また体内で合成されにくい必須アミノ酸は貴重となり、それが馬プラセンタには豊富とみられ、約6種類も含まれます。
しかし海洋性プラセンタなら必須アミノ酸が9種類、総合的には約30種類もの贅沢な栄養素に恵まれます!
さらにコラーゲンやエラスチンが豊富になり、どちらも美肌作用が高い美容成分として、美容情報などで見覚えのある名称ですね。
この栄養素についての情報からも、それら美容成分として配合されるなら、海洋性プラセンタ効果について期待できるでしょう!
さらに植物性プラセンタ効果としては充分にアミノ酸が摂取できることにより、疲労回復についても役立てられることは考えられます。
こういった成分の特徴や違いを把握すれば、植物性プラセンタ効果を美容と健康に活かすという可能性が広がりますから、動物性プラセンタと使い分けてみてくださいね!